銀行カードローン総量規制対象外の場合の審査について

銀行カードローンに限らず、契約する為には審査を受ける必要があります。この審査の結果、「融資をしても問題の無い人物だ」と言う評価を得ることが出来れば融資を受けられるため、審査結果が融資不可と言う判断であれば契約することは出来ません。

総量規制の対象外である銀行カードローンは、年収による借入れ制限の無い環境で利用上限金額が設定されます。つまり、「本人の支払い能力を超えた融資が受けられる可能性もある」と言うことになる為、状況的には大きなリスクと隣り合わせです。貸し手側もそのことは重々承知しているため、基本的には本人の支払い能力をしっかりと見計らって融資上限金額を設定する為、法律上は上限設定が明確ではないとは言っても、現実的には総量規制の範囲を優先した上限設定が採用されます。

審査に関してで言えば、基本的には消費者金融カードローンなどと変わる点はありません。本人の勤務先や収入・債務状況・返済状況などを加味し、自社で設定しているスコアリングに則って融資の可否を決定します。利用条件が優遇されているという事は、それだけ貸し手側にとっては利益が少なくなってしまうため、「より安全性が高い人物」にしか融資をしないというスタンスを取っていると言う違いはあるものの、基本的な審査内容・流れなどは共通しています。

もし、どうしても銀行カードローンを利用したいという場合には、担保不要のフリーローンであっても何らかの担保となるものを準備すると良いでしょう。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら