学資保険は夫と妻、どちらの名義にするべきか

学資保険に加入する際の保険契約者は、一般的に両親のどちらでもよいため、夫もしくは妻がサインすることとなります。学資保険の場合は、保険契約者が万が一死亡した場合に備えた育英年金が支払われるようになっていることが多い為、多くの家庭では、大黒柱的な存在である夫名義にしています。万が一、亡くなった場合、一家を支える人がいなくなるため、生計を立てていくこと自体が困難な状況になります。そのため、原則としては、家計を支えている人が契約者になることが望ましいです。
しかし、最近では、離婚に供えて妻名義にすることがあります。万が一離婚をした場合、母親が親権を得ることが多いです。子供の父親である夫と別れ、子供と二人になった場合に、保険料を継続して支払う能力があるかどうかが問題にはなります。契約者を父親のままにしていた場合、離婚後に保険料がきちんと振り込まれていなかったりすることもあります。保険を途中解約しようとした場合、解約できる権利は、保険契約者もしくは被保険者にしかないため、父親が学資保険の保険契約者のまま離婚してしまった場合、子供に万が一のことがあった際の保険で返ってくる比率は、契約者である別れた夫へと支払われる可能性があります。
また、契約者を女性にすると女性のほうが男性に比べると統計上の死亡率が低くなっているため、保険料が若干ですが安くなり、返戻率が上がります。ただし、出産時に帝王切開の手術を受けていた場合は、断られることもあるため、事前確認が必要です。